屋根工事コラム

Original

屋根・外壁工事 足場の役割、必要な理由

屋根修理の際「足場は必要でしょうか?」という相談をよくいただきます。
足場代が意外と高く、「必要ないなら省きたい!」と思われる方が多いようですが、
一般的に屋根や外壁の工事には足場を設置します。

本コラムでは足場の役割・必要性についてご紹介いたします。

■屋根修理に必要な足場とは

建築工事において,高所で作業する足がかりを確保するため、仮に組立てた構造物のことを言います。
通常、一時的に使用されることが多く、代表的な足場の種類には「パイプ足場・単管足場」「楔緊結式足場(ビケ足場)」などがあり、労働安全衛生規則の規定に従ったものでなければいけません。
屋根工事では組立て足場を用いますが、一般的に価格差がない場合が多いです。

■足場にかかる費用

一般的な足場の相場は「700円〜1,100円/㎡」
飛散防止ネットの相場は「100〜300円/㎡」が目安です。
※その他状況によって金額が異なる場合がございます。

外壁塗装工事の規模や住宅、屋根の大きさによって異なりますが、だいたい相場では足場代で10万円から20万円ほどの費用が発生しますが、安全性や施工品質を考えると必要となります。
足場は高所で作業を行うのに必要な設備ですので、足場を軽視する業者は、安全性や施工品質を軽視する業者には注意してください。

■「足場代をサービス!」は確認・注意が必要

もっと価格を抑えれないの? と思う方も多いと思いますが、実際に足場を組立てるのは専門的な知識が必要となります。
足場の費用には、資材の運搬費や施工費・解体費等も含まれています。

それだけの工程・人件費が掛かる作業を無料で提供できることは難しいので、「足場代をサービスします!」という営業、案内には注意してください。
足場代をサービスする分、他の見積単価を上げることや何かしらの項目で調整しているかもしれません。
疑問に思った際は、詳細を確認するようにしましょう。

■足場の種類

足場の種類は様々で、ここでは屋根工事でよく用いられる組立て足場をご紹介いたします。

単管と呼ばれる鉄パイプのみで組み立てられる足場です。
単管パイプを建てた柱と両側に抱き合わせることで、作業者が立つスペースを作ります。
よく使われるケースは、隣の家と隣接しどうしても足場を設置するスペースがない場合が多いです。

●楔緊結式足場(ビケ足場)

文字通り、足場の緊結部分に楔を用いて組立てる足場です。
軽量かつ簡単な構造であるがために、低コストで組立て・解体しやすいことが特徴です。

作業者が立つスペースになる踏み板の幅が広く、安定感があるため非常に作業がしやすいですが、最低90㎝のスペースが必要となります。 そのため塀と家の外壁が近い場合などは、隣の家の敷地をお借りして足場を設置することがあり、組立てができないこともあります。

●屋根足場

屋根の勾配(傾き、傾斜)が急な場合は、屋根にも足場を設置します。
一般的に屋根の勾配が5寸以上の場合、また風が強い地域などは設置をすることが多いです。屋根足場を設置することで、足元が安定しない屋根の上でも作業者の安全並びに品質確保した施工ができます。

■足場の必要性

適切な施工をするためには足場代を惜しむのは危険です。
高さや場所によっては足場が必要ないケースもありますが、職人が必要だと判断した際は必ず設置することをお勧めします。

足場を必要とする理由は、大きく4つあります。

 

①施工の質・作業効率の向上
 ②安全管理のため
 ③施主様のため
 ④法律で定められている

①施工の質・作業効率の向上

足場は施工の品質にも関わってくるため、適切な足場を設置しないと高額のリフォームも、施工ムラが発生し、仕上がりの品質が下がってしまう可能性があります。
一般的な戸建て住宅において、足場なしで作業をすることはかなりの困難を伴い、高所での作業は足場なしで行えば、作業は粗末になってしまうかもしれません。

足場を設置することで、職人の安全を確保し、作業効率が向上して丁寧かつ完璧に作業ができるので、結果的に工事期間短縮に繋がります。
作業効率が上がれば、工事費用全体の費用を抑えることができますが、逆に設置しない場合は、工事が長引いてしまい、費用も比例して掛かってしまいます。


第一に高所で作業を行う職人の安全を守るためです。

工事において何よりも安全を一番に考えなくてはなりません。
職人が怪我をしてしまってはいけないので、足場を設置することで安全に施工ができます。
また足元だけでなく、手元が自由なるため、工具を落としたときや態勢を崩したときに自然と受け身が取りやすくなり、足場の下にいる施主様も物や人の落下による事故から守られるようになります。
労働安全衛生法で2m以上の高所で作業をする場合、足場の組立て等の安全対策が義務づけられています。この法律については後述致します。


③施主様のため

足場は作業の安全性の確保や作業効率の向上だけでなく、施主様のためにもなります。
隣家に塗料が飛び散ってしまった場合、それがもとで近隣トラブルに発展する可能性や施主様の自動車などへ飛散する危険性もあります。

足場を設置する過程で飛散防止シートを取り付ける場合、近隣への塗料の飛散を防ぐことができ、こうした塗装などによる被害を最小限に防ぐことができるのです。


④法律で定められている

先述しましたが、労働安全衛生法に従わなければいけません。
そこで明記されている内容を要約すると

・高さが2m以上の箇所で作業を行う場合で墜落の危険がある場合は,作業床を設ける。
・作業床の端,開口部など墜落の危険がある箇所には囲い,手すり,覆いなどを設ける。
・作業床を設けることが困難なときは,防網を張り,労働者に安全帯を使用させる。
・強風,大雨,大雪などの悪天候のときは,仕事に従事させない。
などが明記されています。

法律でも定められているように、足場は屋根修理や外壁塗装とセットであるという認識を持っていただければと思います。

まとめ

・足場設置は必須で、法律で定められています
・足場が必要な場合はできるだけまとめてリフォーム(屋根工事+外壁塗装など)を行うと余分にコストが掛からない
・設置することで施工の質・作業効率の向上に繋がる<
・作業者、施主様の安全管理のため
・近隣トラブルを防ぐため
・一般的に屋根の勾配が5寸以上場合は屋根足場を設置する
・屋根足場は通常の足場に比べ費用が高くなる

決して安くはない足場費用ですが、それだけリフォームの施工品質を決める重要な要素となります。

安全かつ施工品質の高い工事を行う為にも、足場を設置して作業をしてもらうようにしましょう。

日本住宅工事管理協会は、皆様のお悩みを伺い、希望される場合のみ当協会の会員業者様をご紹介しております。

屋根の工事で疑問や不安をお持ちの方は、お気軽にお問合せください。

知って得する記事満載
相談内容
人気記事ランキング
大阪にお住いの皆様へ
東京にお住いの皆様へ
屋根に関することなら屋根サポにご相談ください TEL:0120-010-015
メールフォームでのお問合せ
無料見積依頼
失敗しない屋根工事
仕事を手伝って頂ける業者様を大募集