屋根工事コラム

Original

屋根修理・屋根工事は冬の積雪シーズン前が良い4つの理由!工事費用が大きく変わることも!?

真冬の屋根工事は高リスク!早めにメンテナンスを行いましょう

ご自宅の屋根、もう冬の備えは万全でしょうか。
積雪や霜が降りる時期の屋根工事にはリスクがあり、高額になってしまうことも。

そのため、屋根修理、積雪対策などは真冬になる前(本格的な冬の積雪シーズン前)にすましておく方が絶対にお得です!

目次[非表示]

  1. 1.真冬の屋根工事は高リスク!早めにメンテナンスを行いましょう
  2. 2.屋根修理や屋根工事を積雪シーズン前にした方が良い理由
    1. 2.1.1、工期を短くできる
    2. 2.2.2、施工費を抑えられる
    3. 2.3.3、雨漏りを未然に防ぐことができる
    4. 2.4.4、雪止めなどの積雪対策も同時施工できる
  3. 3.工期が短く人件費が安いうちに、最良のメンテナンスを!
  4. 4.冬が来る前に!屋根修理・屋根工事・メンテナンスなら当協会にお任せください


屋根修理や屋根工事を積雪シーズン前にした方が良い理由

積雪シーズン前に屋根修理を行うことで、以下の4つのメリットを得ることができます。


1、工期を短くできる

2、施工費を抑えられる

3、雨漏りを未然に防ぐことができる

4、雪止めなどの積雪対策も同時施工できる

1、工期を短くできる

冬の積雪シーズンには出来ない工事も多いです。

例えば塗装工事は塗装場所の気温が5℃以下、湿度が85%以上の時には塗料の乾燥が不十分になるため行ってくれません。

また、通常の工事でも日没までの時間が早くなることもありますし、どうしても1日の作業時間が短くなってしまいます。

また、霜の影響で滑りやすい部分をふいたり、安全確保をおこなったりと作業工程も増えてしまいます。

そのため、結果的に工期が長引いてしまうケースがほとんどです。

屋根工事をご検討中の方は、冬の積雪シーズンが来る前に依頼をすることで、これらの事象を避けることができ、真冬の工事よりも工期を短くすることが可能です。

2、施工費を抑えられる

予め真冬になる前にメンテナンスを行っておくことで、工事費を抑えることができます

前項の1でもご紹介したように、積雪シーズンに工事を依頼すると、作業工程が増えたり、工期が長引いたりしてしまい、人件費などがかさんでしまうためです。

また、メンテナンスをしない状態で冬の積雪シーズンを迎えると、結果的に雨漏りなどなんからのトラブルが起こってしまうこともあり、その段階で修繕工事を依頼すると余計にコストがかかってしまうリスクがあります。

3、雨漏りを未然に防ぐことができる

メンテナンス不足で冬の積雪シーズンを迎えてしまうと雨漏りのリスクが高まります

雪は雨のように降ってすぐ流れ落ちてくれるものではなく、屋根の上にしばらくとどまることが多いため、じわじわ溶けた雪が雨漏りをおこす可能性があるためです。

予めしっかりとメンテナンスをしておくことで、雨漏りリスクを回避することができるでしょう。

4、雪止めなどの積雪対策も同時施工できる

屋根のメンテナンスや修繕工事などの際、同時に「雪止め」を設置してもらうことができます。

「雪止め」は積雪に備えて設置すべき部材の一つです。
雪止めには、屋根に積もった雪が滑り落ちるのを防ぐ役割があります。
冬の積雪シーズン前に設置してもらうことは非常に大切です。

「そもそも雪が滑り落ちたらどうしてダメなの?」という疑問を抱かれる方もいるかもしれません。屋根から落雪してしまった場合には、次のようなリスクが考 えられます。

●人への被害
雪は想像以上に重たいものです。この雪が屋根から落下し、生き埋めになって亡くなった方もいます。

●燐家への被害
燐家の敷地へ雪が流れ込み、建物や車、植木などに被害を及ぼしてしまうことがあります。

●軒先下の周辺設備が破損
第三者だけではなく、自分の家の設備が壊れてしまう可能性がります。雨どいが破損したり外れてしまうなどの被害も少なくはありませんし、カーポートなどに 重たい雪の塊が落下すると、カーポートの屋根が壊れ、その下の車にまで被害が及んでしまう可能性があります。

特に、他人へ損害を与えてしまった場合は民法717条により、損害に対する責任が発生する可能性がありますので、少しでも雪が降ったことのある地域の方は 雪止めの導入を検討した方が良いでしょう。

※ただし、豪雪地帯では雪止めを設置することで屋根に大量の雪が溜まり、かえって住宅への荷重が増えてしまう恐れがあるため、一般に雪止めの設置は行いません。

工期が短く人件費が安いうちに、最良のメンテナンスを!

お伝えしてきたように、屋根工事は真冬を外すことがおすすめです(ただし、真冬であっても何らかのトラブルが起こったら業者への連絡を先送りにせずすぐに相談するようにしましょう)。

特に、積雪シーズンは雨漏りなどの屋根トラブルが多い時期です。

トラブル回避のためにも、積雪時期に備えて今のうちに施工業者へメンテナンスや修繕の依頼をしておくようにしましょう。

冬が来る前に!屋根修理・屋根工事・メンテナンスなら当協会にお任せください

いつも工事をお願いしている地元の工務店など、信頼できる業者がある方はまずは相談してみると良いでしょう。

しかし、「初めてのメンテナンスだ」「前に頼んだところはあまり信用できなかった」など業者選びでお困りの方は、当協会までご相談ください。

第三者機関である協会では、客観的な立場から日本全国の屋根業者の認定業務を行っております。

屋根に関するご相談をいただきましたら、協会の厳しい基準をクリアした「認定優良業者」のご紹介を行うことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。


一般社団法人 日本住宅工事管理協会 水野

一般社団法人 日本住宅工事管理協会 水野

屋根工事専門の認定相談員として、多くの方の屋根に関する声を聴いてまいりました。衣・住・食と言われますように、家は人にとってはかけがえのない場所。 すべての人が安住の場所として少しでも快適に暮らせるためのお手伝いができればと、日々奮闘中です! 屋根修理のセカンドオピニオンとしてご活用していただけたら幸いです。

知って得する記事満載
相談内容
人気記事ランキング
大阪にお住いの皆様へ
東京にお住いの皆様へ
屋根に関することなら屋根サポにご相談ください TEL:0120-010-015
メールフォームでのお問合せ
無料見積依頼
失敗しない屋根工事
仕事を手伝って頂ける業者様を大募集