屋根の修理頼みたいんだけど…
どこに相談すればいいのかわからない!
こんなお悩みはありませんか?

このような屋根のお悩みは放っておくと、ますます悪化していくことになりかねません。屋根は家を守る大きな役割を担っています。屋根の劣化をそのまま放置しておくと家事態に大きなトラブルを抱えてしまうことになります。一番大事なのは屋根の修理を担う工事業者の質にかかってきます。では、失敗しない工事業者の選び方とはどんなものなのでしょうか。

失敗しない屋根業者の正しい選び方とは

見積の金額だけで判断しない

相見積りをして一番金額の安い業者を安易に決めてしまうのは大変危険です。一番大切なのは、その業者の工事力になります。使用する材料や内容によっても金額は大きく変わってきます。 手抜き工事がされないように、見積金額に見合った内容なのかきちんと見極める必要があります。

きちんと調査せず見積を出す業者には依頼しない

実際の正確な見積金額を出すには、必ず現地調査が必要になります。 屋根の状態や損傷を念入りに調査して確かめないとどういう工事が必要になるのかわかりません。お客様のご自宅に調査に来ても、実際には詳しく確かめないような業者が出す見積りは大変危険です。工事に入った後に追加工事が発生したり、トラブルの元となることがあります。

屋根の専門業者かどうかを見極める

失敗しない屋根専門の優良業者を見極めるためには屋根に関する専門知識が必要になってきます。 一般の方が実際に判断しようとしても、なかなか見極めることが難しいです。 相見積りをしても内容がわからず、金額に大きな開きがある場合、安易に安い業者を選んでしまってもいいのか不安になってきます。 また業者によって言ってることもバラバラなことも多く何を信じてよいのかわからなくなる場合もあります。そんな時信頼できる第三者に相談できればと、思ったりしませんか?

そこで、屋根サポ!(日本住宅管理協会)は

屋根専門の第三者機関として公平な立場でお客様の悩みを伺いしお客様のご要望にあう、優良業者を選定しご紹介させていただきます。 だから、よく内容がわからない相見積りで悩む必要もありません。

屋根工事で失敗しないポイントは

必ず、屋根のことに詳しい専門の第三者に相談することです!

私たち、認定相談員にご相談ください!

屋根サポは屋根専門の第三者機関です!

だから

客観的立場で、お客様をサポートできます!

客観的立場で、お客様をサポートできます!

■主な屋根工事

  • 雨漏り
  • 屋根塗装
  • 防水工事
  • 屋根の葺き替え
  • 屋根の重ね張り(カバー工法)
  • 締め直し工事(瓦止め)

お客様の声

屋根サポ!をご利用された関東のお客様からたくさんの感謝の声を頂いております。

東京都 練馬区 Yさん 60代

  屋根修理は高そうだと思っていて、正直どうしようかとずっと悩んでいました。でも、この前の台風でとうとう雨漏りが。 友人に相談したら、屋根サポ!を紹介してくれました。 ご紹介いただいた業者はとっても礼儀正しく親切でしっかりと調査してくれて、雨漏りの原因も具体的に説明してくれました。 こんなことなら、もっと早く相談しておけば良かったです。 屋根サポは第三者機関だから安心して相談することができました。

埼玉県 所沢市 Hさん 80代

  台風で隣の家の木が倒れて、実家の屋根に被害が。 親はもう年で、どうしたらいいのか困り果てて僕に相談してきました。 一日も早く修理したくて、保険のこととかも知りたくて、とりあえず、屋根サポに相談しました。保険は保険会社に連絡して適用できるかどうか確認したほうがいいとアドバイスしていただいて、保険会社の方で確認することができました。地元のとても対応が早い業者をすぐに手配してくれました。火災保険の申請に必要な書類の用意もすぐにしていただき、保険の申請がスムーズにいったので、助かりました。

東京都 荒川区 Iさん 70代

  屋根の劣化が気になりだして、そろそろ修繕したいと思っていました。 特に色あせや汚れがかなり目立っていました。 屋根サポさんに相談するとカラーベストの屋根の寿命は15年~20年程度だと言われました。我が家も築30年ですので、メンテナンスが必要だと言われました。地元の業者を紹介していただき、屋根の状況を詳しく調査してもらい、いろいろとアドバイスしていただけました。工事も迅速且つ丁寧にしてもらえました。

屋根サポ!へ相談して良かった!

屋根サポの強み

関東(東京)にお住まいの皆様へ

屋根サポ!(日本住宅管理協会)は関東(東京)地域の優良工事会社をご紹介いたします。 お客様の近くの優良工事会社をご紹介することができますので、安心してご相談ください。

■関東対応地域

東京23区
千代田区|中央区|港区|新宿区|文京区|台東区|墨田区|江東区|品川区|目黒区|大田区|世田谷区|渋谷区|中野区|杉並区|豊島区|北区|荒川区|板橋区|練馬区|足立区|葛飾区|江戸川区

埼玉県所沢市|千葉県松戸市|神奈川県横浜市


屋根のこと専門家でもなければ詳しく知っている人は少ないです。一体どんな工事があるのか、屋根修理の適正金額がいくらなのか、不安がつきものです。 そんな方達のために、屋根サポ!では屋根のサポートを行っています。 第三者機関ですので、公平な立場からお客様にぴったりあう業者を無料で紹介しています。安心して屋根のことご相談ください。

無料相談・無料優良業者紹介のお問合せは

tel:0120010015

※市区町村までご入力下さい。

利用規約
この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,一般社団法人 日本住宅工事管理協会 (以下,「当協会」といいます。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)
本規約は,ユーザーと当協会との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
第2条(利用登録)
登録希望者が当協会の定める方法によって利用登録を申請し,当協会がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。
当協会は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(3)その他,当協会が利用登録を相当でないと判断した場合
第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)
ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。
ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。当協会は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。
第4条(利用料金および支払方法)
ユーザーは,本サービス利用の対価として,当協会が別途定め,本ウェブサイトに表示する利用料金を,当協会が指定する方法により支払うものとします。
ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には,ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
第5条(禁止事項)
ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)当協会のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
(4)当協会のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
(5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(6)他のユーザーに成りすます行為
(7)当協会のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)その他,当協会が不適切と判断する行為
第6条(本サービスの提供の停止等)
当協会は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)その他,当協会が本サービスの提供が困難と判断した場合
当協会は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
第7条(利用制限および登録抹消)
当協会は,以下の場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)その他,当協会が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
当協会は,本条に基づき当協会が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。
第8条(免責事項)
当協会の債務不履行責任は,当協会の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
当協会は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。
当協会は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。
第9条(サービス内容の変更等)
当協会は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
第10条(利用規約の変更)
当協会は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。
第11条(通知または連絡)
ユーザーと当協会との間の通知または連絡は,当協会の定める方法によって行うものとします。
第12条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは,当協会の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。
第13条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には,当協会の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。