「誰か話しを聞いて!」ができるのが日本住宅工事管理協会です

日本住宅工事管理協会の役割は屋根工事の「相談窓口」「紹介窓口」「サポート窓口」と思っていただければ分かりやすいと思います。

もっと簡単に言うと

屋根工事に関する「?」を「!」にします!

ということ。

「どんな些細な疑問や不安でも、日本住宅工事管理協会に相談すれば解決してくれる!」
全国のみなさまからそう思っていただけるように、徹底的にサポートさせていただきます。

(社)日本住宅工事管理協会では次のようなサポートを行っています。

1
 屋根工事に関する
 あらゆるご相談対応・アドバイス
屋根に関する「?」ならどんな些細なことでも
相談OK!「こんなことでも聞いてくれる?」
という内容でもお気軽に!
2
 日本中の
 信頼できる会員業者の紹介(複数の紹介も可能)
当協会がお宅の現状をヒアリングして、
最適な業者を紹介!ご相談者自身での
業者選びに関する悩みが不要になります

3
 他社見積もりのチェック 既に業者から見積もりをもらっている方
からの「この見積もり価格は適正か」
といったご相談も受け付けています

つまりこんな時に、サポートやアドバイスを求めることができるのです

 台風のあと雨漏りが! どうしたら良いの?
 工事をどこに依頼したらよいのか分からない!
 頼んだ業者の見積もりが、高いように感じるけど、実際どうなの?
 近所の業者に雨漏り工事をしてもらったけど、すぐに雨漏りが! どうしたら良いの?
 訪問販売が来て、瓦が割れてるって言われて、不安です
 複数の施工業者から見積もり出してもらって見比べたい!
 業者によって言うことが違う。何を信じたらよいでしょうか?

だから、こんなメリットを感じることができます

 第三者機関の専門家によるヒアリングだから偏りがなく安心
 協会の専門家ヒアリングに基づく業者選定だから適切な価格と工事を行ってもらえる
 既に自分たちで業者に依頼して出してもらっている見積もりであっても、
 内容をチェックしてもらえる
 雨漏りが繰り返さないように、しっかりとフォローしてもらえる
 日本住宅工事管理協会を通じて施工した場合、施工業者には直接言いにくい、断りにくい、
 といった場合でも協会に伝えることができる
 第三者機関なので「相談だけ」でもOK!
 業者に聞くと営業をかけられそうで不安という場合でも安心
 第三者機関なので「その工事は不要と思いますよ」というアドバイスもしてもらえる
 全国に会員企業があるので、地元に業者がなくても広範囲から業者紹介をしてもらえる
 たくさんの優良会員から収集した情報を提供してもらえるので納得感がある

相談からの流れ「こんなとき、こんな風に解決」

事例【1】「屋根屋」って、そもそもあるの?

雨漏りなど、屋根のトラブルが発生
 ▼
屋根の修理をしてくれるのって「屋根屋さん?」屋根屋さんってそもそもあるの? といきなり壁にぶち当たってしまう
 ▼
インターネットなどで修理をしてくれる会社探しをスタート
 ▼
瓦屋、工務店、リフォーム会社、防水会社、板金屋と聞きなれない言葉が次々
 ▼
なにやら、手抜き工事が横行しているような記事まで発見……
 ▼
「いったい、誰に助けを求めたらよいの?」
 ▼
そこで、日本住宅工事管理協会へ問い合わせ
 ▼
ご相談者様のお宅の築年数や屋根材やお住まいの地域、工事歴など、屋根工事の業者を選定するために必要な情報をヒアリング
※お伝えいただける範囲、分かる範囲だけお答えいただけばOK!
 ▼
ご相談者様の屋根の状況に合わせた適切な会社を紹介
 ▼
ご相談内容や物件エリアによっては、通常であれば下請けになってしまうような業者でも、直接紹介することも可能
 ▼
「適切な工事」を「適切な業者」で「適切な価格」にて行うことができた!

事例【2】屋根工事がこんなに高いなんて…

築30年。なんとなくメンテナンス時期かと思っていた
 ▼
そんなある日、屋根のメンテナンスをしているという営業マンが訪問して来て「瓦が傷んでいる。少しずれている箇所もある」と指摘してきた。
 ▼
無料見積との事なので、とりあえず見積もりをもらった
 ▼
あまりに高くてびっくり
 ▼
日本住宅工事管理協会に改めて相談してみることに
 ▼
瓦の寿命から考えて、必ずしもメンテナンスが必要か疑問に思う旨を伝え、かといって瓦屋根であっても下地などのメンテナンスは必要で、決してメンテナンスフリーというわけではなないので、もしかすると何か問題が起こっていて指摘を受けている可能性もある、という事などを協会からの見解として伝える
 ▼
より詳しい判断を職人にしてもらえるよう、瓦を専門的に診断できる業者を紹介
 ▼
最初に訪問販売に来た業者は屋根に上がることすらなかったが、日本住宅工事管理協会の紹介した業者は屋根にも上がりしっかりチェック
 ▼
調査の結果、まだあと5年程度は修繕などはしなくて大丈夫という結論に
 ▼
訪問販売からの指摘があり不安だったが、安心できたし、無駄な工事をする必要もなくなった

事例【3】工場の屋根が、台風で飛んでしまった!

福岡県にある24時間フル稼働の工場。台風で屋根の一部が飛んで行ってしまった
 ▼
工場は簡単にはストップできない。かといって、屋根をそのままにしておくわけにもいかない
 ▼
地元の工務店では、対応しきれないと断られてしまった
 ▼
対応できるといわれた業者では提示された金額が高すぎて予算オーバー
 ▼
日本住宅工事管理協会へ相談
 ▼
全国の会員企業の中から、なんと関西から業者を紹介
 ▼
工場も対応可能で、価格も抑えられるため、出張費を入れても予算内で工事が出来た

日本住宅工事管理協会にお任せいただくメリット

インターネットなどで屋根工事についてお調べになると「複数の業者から見積をとるべき」という情報も多く、戸惑う方もいると思います。

実際、相場を知るためにはそれが一番の近道であり、相場からかけ離れたような金額を提示してくる業者を見極めるためにも重要です。ですから、やはり私たちもそのようなアナウンスをしております。
ですが、お一人では1社ですら業者を見つけるのが大変だと思います。ですから複数というのはなおさら難しいでしょう。

日本住宅工事管理協会なら、ご相談者様のお宅の状況などを総合的に判断して、複数の会員企業の中から適切な業者をご紹介することが可能です。
つまり、予め協会にて複数業者の中から最適と思われる業者を選定してご紹介することが可能なのです。

先程は複数業者の見積もりを比較すべきとお伝えしましたが、当協会がご紹介しているのは協会の定める基準をクリアした優良会員企業ですので、金額などに関しても適正に提示してくれます。ですから、ご紹介した業者が1社であっても安心してご依頼いただくことが可能です。
※もちろん、1社ではご不安という方には複数業者のご紹介も可能ですので、ご相談ください。

目の前の問題を先延ばしにしないために

屋根は「何か起こってから」行動に移すと遅すぎることが多いものです。
今まで、なんとなく気になっていた方も、今更どうしようもないと諦めていた方も、一度日本住宅工事管理協会へご相談ください。


  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 雨漏りの注意
  • 仕事を手伝って頂ける業者様を大募集
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの