見てもわからない、手抜き工事を見分けるコツはありますか?

鈴木様:屋根工事で手抜き工事をされると、雨漏りが直らないということを知りました。 今度、雨漏りの工事を行うのですが手抜き工事をされないかどうか心配です。手抜き工事されないようにするためにはどうすればよいですか?

【回答】

鈴木様ご連絡ありがとうございます。

屋根工事は外壁塗装などに比べて手を抜きにくいといわれています。
工事後、雨漏りが再発するというのは手を抜くというよりは、技術的に未熟であるがゆえに雨漏りの箇所を見落としてしまっており工事漏れが起きていることが多いと思います。

工事漏れを防ぐためにはしっかりと経験を持った業者様を選ぶのが一番です。
ただ、経験を持った工事が会社を選ぶのは難しくもあります。
腕の立つ職人さんの仲には知識は非常にあるものの伝えることを苦手としている方が多いためです。
反対に知識はなくセールストークを使ってたくみに販売する営業会社(自社にて施工を行わない会社)も増えているのでみきわめを行うのは難しいです。

見極めるためには不明点がなくなるまでわからない点を聞くことだと考えていますが、それも難しい場合は日本住宅工事管理協会の協賛会員をご紹介しますのでお気軽にご連絡ください。

 

一般社団法人 日本住宅工事管理協会 杉田 龍也

» 相談一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの