クーリングオフに関して

金森様:営業マンにせかされて契約をしたが今一度じっくり考えたいと思っている。屋根工事はクーリングオフはできるの?

【回答】

金森様ご連絡ありがとうございます。

最近このようなクーリングオフの相談が増えたような気がします。

 

結論からお伝えいたしますと屋根工事でもクーリングオフを適用させることはできます。

ただし、無条件にすべての工事に対して、クーリングオフができるわけではありません。

クーリングオフを適用させるには条件であることが必要です。

1、訪問販売で結んだ契約であるか

2、契約日から8日以内であるか

訪問販売に関してですが家に呼んだ場合は、訪問販売には該当しませんので注意してください。

 

気をつけなければならない点として、販売業者はあの手この手を使ってクーリングオフを阻止しようとしてきます。

よくあるのはクーリングオフすることができませんとうそをつき、クーリングオフ適用期間の8日間をやりすごすようにしたり、資材の準備をしたのでキャンセルできない等の理由が多いです。

 

クーリングオフを行うポイントとして口頭で行うのではなく、書面で行うのがよいでしょう。

口頭の場合、聞いていないなどシラをきられることがあります。

 

クーリングオフを通知した場合は、工事がすでに完了していても工事費用を払う必要はありませ、また、元に戻すように原状回復を行ってもらうことも可能です。

一般社団法人 日本住宅工事管理協会 屋根アドバイザー 杉田 龍也

» 相談一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの