瓦屋根に修理は必要?

大阪府K様: 瓦は100年以上持つと言われていますが、修理は必要ですか?

【回答】

瓦屋根でも修理やメンテナンスは必要です!
屋根の構造をご説明します。

瓦屋根にかかわらず屋根は
・垂木(屋根の骨組み)
・下地材(コンパネや野地板と呼ばれます)
・ルーフィング(防水シート)
・浅木(瓦などの仕上げ材を引っ掛けるため)
・瓦(仕上げ材)

などで構成されています。

瓦は100年以上の耐久性があると言われていますが、
その下にあるルーフィングやコンパネなどの耐久性は100年も持ちません。

瓦屋根を工事する際の理由は多種様々ですが
部分的な修理を行う場合や、瓦をはがしてその下にあるコンパネや
ルーフィングの葺き替え(施工しなおし)を行う場合、
瓦は無事でも中が痛んでしまって雨漏りが起きたり、強度が弱くなってしまいます。

これらが痛んでいるかどうかを判断するのはプロでも屋根に上り調査をしてみないと
わからないため、
K様が判断をするのは難しいと思います。

当協会の指定優良会員が現地調査をさせて頂きますのでお問い合わせ下さい。

» 相談一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの
  • 仕事を手伝って頂ける業者様を大募集