先日、屋根と外壁の塗装を依頼しようと塗装業者を呼びました。
今後のためにも外壁のコーキングもしたほうがいいと言われました。初めて聞く言葉だったのでネットで調べどんなものか把握しました。
後日見積りを見ると、コーキング施工はなんだか割高な気がします。築15年ですがコーキングは必要ですか?

【回答】

このたびは当協会へお問合せいただきましてありがとうございます。

塗装工事とコーキング施工のお問合せですね。

コーキングは雨漏りや水漏れ、水の浸透を防ぐために、

地道な手作業によりぬかりなく施すため、割高に感じてしまうかもしれないです。

まず既存のものを撤去する際、一度に根こそぎ剥がせればいいのですが、

そうはいかず手作業で削ぎ落とします。

そして新しいシーリングを充填するまでと、充填後の配慮等、

見た目以上に行程があります。

一般的に新築時から耐用年数は10年位と言われておりまして、

打ち直しをすればまた10年前後もちます。

外壁の内部に水が入り込まないようにする大事な施工方法で、

外壁の劣化も防いでくれます。

築15年とのことで、コーキングのひび割れや剥げが発生してないでしょうか。

家全体の構造に関わってくることですので、施工されたほうがいいかと思います。

ただ、コーキングは業者によってかなり料金が変わってくるようですので、

いくつかの業者より見積りをとられることも少なくないようです。

塗装工事も一緒に依頼することが多い施工ですので、

使用する塗料や作業内容を施工業者としっかり確認することが大事です。

長くなりましたがご参考になりますでしょうか。

見積りチェックや、他社見積りもおとりすることも出来ますので、

お気軽にお申し付けください。

 

日本住宅工事管理協会

» 相談一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの