サイディング種類や相場、メーカー紹介。お洒落で手軽な外壁選び

2016.03.10

「サイディング」ってなに? 外壁工事始めてさんの予備知識

どうやら「サイディング」は外壁工事を考えている人が、始めにぶつかる”謎のキーワード”のようです。

当協会にも

「外壁で悩んでいて、業者さんにはサイディングがどうとか説明されたけどよくわからないんです」

といったご質問が多く寄せられています。

住宅関連の仕事をしている人は当たり前のようにサイディングと表現しますが、そもそも「このサイディングとはなんぞや」ということについて知る機会は確かに少ないかもしれません。

サイディングってなに

さて、では本題です。
サイディングとはなんでしょうか。

一般的には、サイズの決まったパネル状の外壁材のことを示します。

サイディング

出典:ニチハ株式会社 カタログ『外観デザインセレクトブック 2015.9 (一般地域用)』

上の図のような、形状やパターンの決まったパネルを壁に貼り付けて外壁を仕上げるのが良く見るサイディングです。

ほとんどの場合はサイディングといえば、このようなパネル状の物の事を示しますが、実は他にもいくつか種類があり、見た目や特徴もぜんぜん違います。

ひとことでサイディングといっても、種類も特徴もいろいろ

サイディングにはどんな種類の物があるでしょうか。

大きく分けると、次の4つの種類に分かれていて、特徴も外観もばらばらです。

窯業(ようぎょう)系サイディング

窯業系サイディング

(出典:ニチハ株式会社 http://www.nichiha.co.jp/wall/yogyo/index.html)

窯業サイディングは現在、最も多く採用されている外壁材といわれています。
「サイディング=窯業サイディング」と思っている方も多いようです。

窯業サイディングの『原料』

セメント質材料、繊維質材料、混和剤、水。
これらを原料に成型して作られています。

窯業サイディングの『特徴』

軽量で耐火性に優れています。
厚みにバリエーションがあり、厚さが増すほど価格も上がります。

窯業サイディングの『デザイン』

シンプル、タイル調のものまで幅広いデザイン性が揃うため、「理想の外観に近づけやすい」と人気があるようです。

窯業サイディングの『メンテナス』

塗装(塗り替え)、サイディングの隙間にある「シーリング材」の打ち替えを行う必要があります。
メンテナンスのスパンは、グレードにより異なります(7~10年、15~20年に一回程度など)。

ただし、シーリング不要の製品も登場していています。
このサイディングであればメンテナンスは20年に一回程度で済みます。

窯業サイディング『主な取扱いメーカー』

ニチハ株式会社
旭トステム外装株式会社
ケイミュー株式会社
田村駒エンジニアリング株式会社
神島化学工業株式会社

など

金属系サイディング

金属系サイディング

(出典:ニチハ株式会社 http://www.nichiha.co.jp/wall/center/index.html)

その名の通り、金属でできているサイディングです。
シャープな印象を求める人から根強い人気があります。

金属系サイディングの『材料』
ガルバリウム鋼板やアルミニウム合金、ステンレス鋼板などの金属板と、断熱材によって作られる外壁材です。
金属系サイディングの『特徴』

金属系のサイディングは非常に軽量です。
そのため、建物・躯体への負担が少ないのが特徴です。

また、ひび割れなども起こりにくく、断熱性、防水性にも優れ、寒冷地でも採用されています。

施工がしやすいため、短期間で美しく仕上がります。

金属系サイディングの『デザイン』

シャープな印象を受けるものが多く、モダン住宅などへ採用されることが多い外壁材です。

また、それだけではなくレンガ調の製品などもあるため、金属系の利点を取り入れながらナチュラルな風合いのあるデザインにしたいという場合にも有効です。

金属系サイディングの『メンテナス』

塗装やシーリングのメンテナンスを行います。
金属ですので、へこみや傷にも注意が必要です。

メンテナンスのスパンは窯業系のサイディングよりも細かくなることが多いようです。

金属系サイディング『主な取扱いメーカー』

旭トステム外装株式会社
YKK AP株式会社
ニチハ株式会社
田村駒エンジニアリング株式会社
アイジー工業株式会社
東邦シートフレーム株式会社
日新製鋼建材株式会社

など

木質系サイディング

木質系サイディング

(出典:高広木材株式会社 http://takahiro-mokuzai.co.jp/products/siding/honzane-siding/)

天然の木材を利用した外壁材です。

木製サイディングの『材料』

天然木を使用し、表面に塗装を行う場合と無垢材のまま利用する場合があります。

地域によっては防火のための処理をしたものしか利用できない場合もあります。

木製サイディングの『特徴』

大きな特徴は、やはりその風合いです。

性能面では断熱性の高さが特徴で、木材であることで懸念される耐火性に関しては改良されているものも出てきています。

木製サイディングの『デザイン』

塗装によってイメージをコントロールする場合と、無垢材のまま利用する場合とでは見た目も大きく変わってきます。

また横張り・縦張り、どちらのはり方を選ぶかによっても印象が随分変わります。

木製サイディングの『メンテナス』

塗装の場合は5年に1回程の塗り直しが必要です。

無垢材のままの場合、痛みなどがなければ経年変化を楽しむこともできます。

木製サイディング『主な取扱いメーカー』

高広木材株式会社
株式会社ナガイ
ニチハ株式会社

など

樹脂系サイディング

樹脂系サイディング

(出典:樹脂サイディング普及促進委員会 http://www.psiding.jp/gallery.html)

シーリングの必要がない外壁材です。

安価でメンテナンスのスパンも長いのですが、あまり見かける機会は少ないかもしれません。

樹脂サイディングの『材料』

塩化ビニル樹脂を原料としています。

樹脂サイディングの『特徴』

耐久性、耐塩害性、耐凍害性などに優れています。
軽量で、酸性雨にも強く、劣化が起こりにくいのが特徴です。

樹脂サイディングの『デザイン』

独特な仕上がりで、好みが大きく分かれる外壁材です。
「のっぺりしている」と表現する人もいれば、「質感が好き」という人もいます。

樹脂サイディングの『メンテナス』

シーリングを使わないためシーリングの張り替えも不要。
メンテナンスの手間がほとんどありません。

樹脂サイディング『主な取扱いメーカー』

ゼオン化成株式会社

など

サイディングの価格

素材や厚みなどによって価格は様々です。
あくまでも一例ですが、最も代表的な窯業サイディングの参考価格をご紹介します。

●1平米あたりの単価(参考例)
・厚み12mm…2000~7000円
・厚み15mm…5000~8000円
・厚み16mm以上…10000円

サイディングの施工は簡単?

サイディングの施工は塗り壁に比べて技術を要さないといいます。

でも
「簡単だから安い!」
そんな理由だけで選ぶのはちょっと心配です。

サイディングによって、メーカーが定める工法があるためです。
施主の要望や地域を考慮して、どんなサイディングを選ぶのかをしっかりと施工業者と打合せを行ない、製品に沿う施工を行わなければなりません。

あまりいい加減な業者に依頼してしまうと「安いから」「簡単だから」というだけで最良とはいいがたいサイディングに決められてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

サイディングに関するご相談は安心の第三者機関へ

今回は、屋根材ではなく「外壁材」である「サイディング」についてご紹介しました。

これまでに私たちがお受けしてきた「壁」に関するご相談内容の中から、特に「これってどういう意味?」という声が多かったお問い合わせについてお答えしていきました。

私たち日本住宅工事管理協会では、日々住宅の工事に関するご相談をいただき、お問い合わせ内容に対し適切な施工会社の紹介なども行っている第三者機関です。
したがって、屋根だけではなく外壁材に関するご相談を受けることも多々あります。

間違った施工をされていないか、自分の家にはどんな外壁材が適しているのか、どこに相談すればよいのかなど、自分ではわからないことはいろいろあると思います。

屋根だけではなく、外壁についてお困りの方もお気軽にご相談ください。



番外編~サイディングと塗り壁~

サイディングが普及する前は、モルタルや土壁といった塗り壁だった

この外壁材は、現在の住宅の7割近くを占めているとのデータもあるほど。
ここ最近の主流となっている外壁材です。

それまでは外壁といえばモルタルや土壁といった、塗りによる外壁がメインでした。

サイディングと塗り壁との違いは?(メリットデメリット)

価格
重量
(耐震性に影響)
劣化 施工技術 雨漏り 通気性 素材自体の
見た目
形状の
自由度
サイディング
ローコスト
※高価な
素材もある
軽い
シーリング
が劣化する
熟練の職人
でなくても
施工可能
やや
リスクがある
良い
カラーや柄に
バリエーション
がある
原則、四角い
パネエルの
連続しかできない
塗り壁
やや高い
重い
ひび割れが
起こりやすい
熟練の職人
にしか
施工が
できない
やや
リスクが低い
あまり
良くない
バリエーション
が少ない

アーチや
穴あけ
などの
自由度が
非常に高い

» コラム一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 見積もりを依頼する
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの
  • 仕事を手伝って頂ける業者様を大募集