新築の屋根、スレート・ガルバリウムどう決める?

2016.03.05

日本でスレートが多いのはガルバリウムより優れているからなの?

「家を建てるんですがどの屋根材にしたら良いでしょうか」というご相談をいただくことがあります。
特に最近多いのが「スレート屋根にするべきか、ガルバリウムにするべきか」というお悩みです。

そもそもなぜスレートとガルバリウムは比較されやすいのでしょうか。
またその結果、なぜ日本では多くの家でスレートが取り入れられているのでしょうか。

実は、ガルバリウムがスレートとより劣っているという事ではなく、一時のブームも影響しているのです。

スレート屋根が多いのは、昔のスレートは強くて値ごろだったから

周りの家を見渡すとスレート屋根がたくさんある。
カラフルでおしゃれだし、築25年くらいの人からもすすめられたし、なんか良さそう!

という理由で「今」スレート屋根を選択するのはちょっと待った方が良いかもしれません。

カラフルでおしゃれ、という面では大丈夫なのですが、耐久性に問題があるためです。

どのような問題があるおでしょうか。

スレート屋根のお宅がこんなにも多いのは、一時期爆発的に人気が出たためです。
人気の理由は「安価で強い」ことでした。

なぜ強いのかというと、アスベストを含んでいたからです。

アスベストというと最近では悪い事しかないように思われるものの代表格ですが、当時は違いました。
非常に細い繊維で構成されているアスベストは強度が強く、スレートを作る際にコンクリートに混ぜることでその力を発揮してくれます。

ですから、人体への影響があると知らなかった頃には夢のような繊維だったのです。

今のスレートも変わらず低価格だが強度は弱い

人体への悪影響が明らかになっている現在では、スレート材にアスベストを混ぜることは禁じられています。
そのため、やはりスレート屋根の強度は弱くなっています。

低価格であることに変わりはないのですが、いくら安くてもメンテナンス頻度が増えることになれば、結果的に将来まとまったお金が必要となってしまう可能性もあります。

変わって人気が出て生きているのがガルバリウム

そこで注目が高まっているのが、ガルバリウム鋼板の屋根です。
ガルバリウム鋼板は亜鉛・メッキ・シリコンで構成されたメッキ鋼板です。

スレート屋根と同じく安価でありながら、日本瓦とも張り合えるほどの強度を誇るといわれています。
また、軽量であることも大きな特徴のひとつです。

安く、軽く、丈夫と三拍子そろったガルバリウム鋼板は屋根材として新たな注目を集めています。

ガルバリウム鋼板の弱点は?

ただしガルバリウムがどれだけ優れているといっても、無敵というわけではありません。

金属ですからそれなりに弱点もあります。

特に防音性や断熱性については劣りますので、新築で導入する際にはしっかりと検討し、対策をしておいた方が良いでしょう。

塩害が考えられる地域なら?

もちろん、スレートの方が向いている場合もあります。
たとえば沿岸部などではやはり金属屋根は錆びの心配があるためです。

金属屋根に抵抗があるなら石粒加工にしてみる

「でもやっぱりちょっと金属って抵抗がある」という方も少なくはありません。
そんな方たちにお勧めしているのが「自然石粒仕上げ」と呼ばれる屋根材です。

これは、ガルバリウム鋼板(やジンカリウム鋼板)の表面に天然石のチップを付着させた屋根材のことです。
金属屋根の弱点である防音性を高めてくれる働きがあります。

安くて軽くて丈夫=カバー工法でも人気

ガルバリウム鋼板は、その特徴からカバー工法の際に新たな屋根材として選択されるケースが非常に増えました。

カバー工法とは屋根の修繕方法のひとつです。
屋根のメンテナンスや修繕をする際、既存の屋根材をはがさずそのまま残し、その上から新たな屋根材をのせます。
既存の屋根材を処分する必要がないため、一般的に普通の葺き替えよりも安く施工できるため人気があります。

ただし結果的に屋根が二重になりますから、その分屋根が重くなり、耐震性に影響があるともいわれています。
その面でも、軽量なガルバリウム鋼板は非常に重宝されています。

更に、カバー工法は「防音性」「断熱性」を向上させる効果があるとされていますから、ガルバリウム屋根の弱点を補ってくれると考えられます。

屋根材が決まらずお困りの方はお気軽にご相談を

屋根材の良し悪しは、価格や周囲の屋根を見るだけでは判断できません。
作られた時期によって屋根の強度は違いますし、その時々の流行もありますから、始めから「この屋根にする」と決めてしまうのではなく、まずは専門家に相談するようにしましょう。

また、お伝えしてきたように地域などによってもべストな屋根材は異なります。

日本住宅工事管理協会では屋根材の選定に関するアドバイスをすることも可能です。
お悩みの方はお気軽にご相談ください。

» コラム一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 見積もりを依頼する
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの
  • 仕事を手伝って頂ける業者様を大募集