雨漏りはなぜ古い家で起こる?築20年以上のお宅はルーフィングの耐用年数に注意!

2016.01.21

雨漏りはなぜ古い家でよく起こる?

施工不良でもない限り、雨漏りは築年数の古い家で頻発します。

これはなぜでしょうか。そもそも、雨漏りはなぜ起こると思いますか?
実は、雨漏りの大きな原因はルーフィング(防水シート)の老朽化であるケースが多いのです。

今回は雨漏りの仕組みをみていきます。

ルーフィングとは

雨漏りの仕組みを知るうえで最も重要となるのがルーフィングです。

屋根の構造

上の図からも分かるように、ルーフィングは屋根材(瓦やスレートなど)の下に敷かれています。

雨が侵入するのを防いでいるのは、屋根材ではなくこのルーフィングです。
ですから、このルーフィングはいつも完全にピッタリと屋根を覆っていなければなりません。

ですが、ルーフィングはホッチキスで固定されています

ここで問題なのが、ルーフィングはホッチキス(カッター)で固定するものがほとんどであるという事です。

これがなぜ問題なのかというと、固定する際にルーフィングに穴が開いてしまうからです。
これがこのままだと、当然その隙間から雨水が侵入してしまいます。

ですが、ルーフィングには本来、対流動性・付着性・追従性があります。簡単にいうとホッチキスにまとわりつく力です。
この力によって、ルーフィングは自分自身でその穴を防いでいるのです。

画像出典:http://genbatyu.exblog.jp/11945170

雨漏りの多くが、ルーフィングの防水性が無くなったことによって起こっている

雨漏りの原因は様々です。
ですから、もちろん全てがルーフィングのせいとは考えられませんが、防水という面では非常に重要なポジションであるルーフィングに防水性が無くなってしまったら、やはり雨漏りを起こしてしまう原因となります。

では、ルーフィングが防水性を失うときというのは、どういったときでしょうか。

それが、先ほどお伝えした「まとわりつく力」を喪失してしまったときです。
この力を失うケースとして最も多いといわれているのが経年劣化です。

ルーフィングには寿命があり、だいたい20年たったころから次第に「まとわりつく力」を失っていきます。
そうすると、柔軟性を失い、徐々に硬くなり、カッターやクギなどの隙間を埋めることができなくなってしまい、クギなどがサビるとその力で隙間が広がり、雨漏りを引き起こしてしまうのです。

このようなトラブルが、ルーフィングの寿命期を境にあちこちで発生します。
放っておくと重大な事態に陥ってしまいますから、そうなる前にルーフィングの交換を行うようにしましょう。

尚、ルーフィングの中にはホッチキスを使用しないタイプのものもあります。
こちらの場合はシート本体に粘着層のあり、ホッチキスは不要となりますので、更に高い防水性能を期待することが出来ます。

雨漏りが古い家で起こりやすい理由

さて、冒頭でふれた「なぜ雨漏りは古い家で起こるのか」という問題ですが、つまりは家自体の古さが問題ではなく、ルーフィングの劣化が問題になっていることが多いのです。

もちろん、あまりにも古い住宅の場合は耐震性が悪く、それが原因となってしまうこともありますので、一概にすべてがルーフィングのせいではありません。

ですが築20年を超えたころに急に雨漏りが頻発すると感じるようであれば、ルーフィングの性能劣化について疑ってみても良いかもしれません。

ルーフィングを設置するときは晴れた日に!

ルーフィングは、非常に防水性の高いシートです。
だからこそ、施工の際には天候に注意しなければなりません。

ルーフィングの下にはコンパネや野地板と呼ばれる屋根の下地材があります。
ここに雨がかかり、濡れた状態のままルーフィングを覆い被せてしまうと、下地についた水分の逃げ道が無くなってしまい、下地を腐食させてしまう可能性があります。

にもかかわらず、施工を急ぐ業者の中には雨が降り続く中工事を続行することがあるのだそうです。
これは、ルーフィングをおろそかにしているとしか考えられませんし、作業に当たっている人の危険も伴います。

こういった業者には注意をした方が良いかもしれません。

まずはご相談を

日本住宅工事管理協会には雨漏りの原因を特定できずにお困りの方、雨や雪の度に雨漏りが起こってしまうという方などから毎日たくさんのご相談が寄せられています。

当協会では、屋根の状態に適したプランのご提案や、優良な会員施工会社のご案内もさせていただいております。

もちろん、「ルーフィングについて」「スレートについて」といった特定の箇所や部材に関するお問い合わせも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

» コラム一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 見積もりを依頼する
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの
  • 仕事を手伝って頂ける業者様を大募集