瓦でお悩みの方必見!訪問販売、価格、施工法について

2015.12.05

瓦屋根、相談先が見つからずお困りの方が増えています

瓦屋根瓦屋根は、寿命が長いといわれていますので、実家のご両親などご高齢の方が住む家に載っていることも多く、心配されている方も少なくはありません。
ですが、最近ではスレート屋根が非常に増えていることもあり、昔ながらの瓦屋根の方は相談先が見つからずお困りのことも多いようです。

そこで今回は、瓦屋根に焦点を当ててお伝えしたいと思います。

「瓦がずれている」という訪問販売に注意!

瓦屋根の方からのお問い合わせで多いのが「訪問販売がきて瓦がずれてるといわれた」というものです。
スレート屋根などと違い瓦屋根は「ずれている」という表現を使いやすいため、こういった訪問販売が多いのは事実のようです。

こういった方々が、次に抱くのは「不安」です。
訪問販売を行う業者の中には、様々な不安をあおるような手法を取る人たちもいます。

「訪問販売の営業からの指摘を受けてから、雨漏りがおこったらどうしようと不安で……」
「瓦がずれているって指摘されましたが、このままだと崩れてしまったりしない!?」
「ずれているってことは、台風で飛んで行ってしまいませんか?」

そんな不安でいっぱいの方からのご相談を受ける度に、私たちも胸が痛くなります。

相場を知っておきましょう!

そういった訪問販売を行う業者の多くが、良心的とは思えないような金額を提示してきます。

最初は「ずれているので格安で直しますよ。ついでに、他もチェックしておきますね」などといって、「屋根に上がってみましたが、大変なことになっていましたよ!」と突然とんでもない金額の提案をされることも珍しくはありません。

そんなとき、不安な状態である住人は、ついつい「いつどうなるか分からない」と、焦って契約してしまうこともあるようです。

ですが、まずは冷静になりましょう。

提示された金額が相場に対して妥当かどうかを充分に見定める必要があります。

実際どれくらいの割合の方が違和感を覚えて冷静な判断が出来ているのかは不明ですが、当協会へ訪問販売に関するご相談をくださる方は、やはりこの段階の方が多いようです。

「妥当な金額はどれくらいでしょうか」というご相談がとても多いのです。

とはいえ、施工費用というのは地域建材、屋根の形状状況などによって大きく変動してしまいます。

非常に心苦しいのですが、当協会からは、ざっくりとした参考価格しかお伝えすることが出来ません。
ただし、それでも基準になる数字がある方がマシなのではないか? という思いもありますので、以下に参考価格を掲載させていただきます。

※こちらで紹介している価格は全て「参考程度」にお考えいただく必要がありますので、くれぐれもご注意ください。

瓦『葺き替え工事』

葺き替えとは、既存の瓦を全て撤去し、新しい瓦に交換する方法です。

費用がかかる項目

1 瓦の撤去費用 ㎡単価  約2,000~3,000円
2 瓦などの処理費用 ㎥単価  約20,000~30,000円
3 野路板材料・設置費用 ㎡単価  約2,000~3,000円
4 ルーフィング材料・設置費用 ㎡単価  約500~800円
5 瓦材料・設置費用 ㎡単価  約6,000~12,000円
6 「けらば」「軒」「棟」などの材料・施工費 m単価  約6,500~8,000円
7 足場費用 ㎡単価  約900~1,200円
8 樋の交換 m単価  約3,000~5,000円
9 諸経費・管理費用 業者により算出方法が異なる

※使用する瓦材料により材料費が大きく異なります
※屋根の形状で費用が大きく異なります
※諸経費は現場までのガソリン代や手間賃を現しており、会社によって算出方法が異なります

瓦『葺き直し』

葺き直しとは、既存の瓦を全て撤去するのではなく、ズレや浮きなどが発生している部分のみを修繕し直す方法です。
全て既存の瓦のままで修繕できることもあれば、一部の瓦を交換することもあります。

費用がかかる項目

1 瓦の撤去費用 ㎡単価  約2,000~3,000円
2 野路板材料・設置費用 ㎡単価  約2,000~3,000円
3 ルーフィング材料・設置費用 ㎡単価  約500~800円
4 瓦材料・設置費用 ㎡単価  約6,000~12,000円
5 「けらば」「軒」「棟」などの材料・施工費 m単価  約6,500~8,000円
6 足場費用 ㎡単価  約900~1,200円
7 樋の交換 m単価  約3,000~5,000円
8 諸経費・管理費用 業者により算出方法が異なる

※使用する瓦材料により材料費が大きく異なります
※屋根の形状で費用が大きく異なります
※諸経費は現場までのガソリン代や手間賃を現しており、会社によって算出方法が異なります

葺き替え費用のイメージモデル(瓦の場合)

【25坪の建物面積82.5㎡の建物の場合】

●葺き替え工事の場合 約1,200,000円
●葺き直しの場合 約1,000,000円

※あくまで概算でこの金額での工事を保証するものではありません

お気軽にご相談ください

瓦の工事は、通常瓦屋と呼ばれる業者が行ったり、工務店やリフォーム会社が瓦職人に依頼して施工します。
一般の方がご自身で一流の瓦職人を探し当てることは難しく、だからこそ訪問販売の業者などに依頼する、といったケースが減らないのではないかと考えられています。

日本住宅工事管理協会には、瓦の施工を行える会員企業が複数登録されています。
職人によって、ご自宅の屋根をしっかり調査し、「本当に必要な工事は何か」「適切な金額はどれくらいか」をお伝えすることも可能です。

瓦の事でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

» コラム一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 見積もりを依頼する
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの
  • 仕事を手伝って頂ける業者様を大募集