雨漏り「かもしれない」段階でもすぐに相談しましょう

2015.10.20

雨漏りかも?と思ったら迷わず相談を!

当サイトに行き着いた方の中には、もしかしたら雨漏りを疑っていているものの「まだ大丈夫かな。でもやっぱり不安だな……」という複雑な心境の方もいるのではないでしょうか。
毎日過ごしているお宅ですから、少しでも変化があれば何となく異変に気が付ける方も多いとは思いますが、なかなか行動に移せない方もまた多いのが現状です。

たしかに、実際相談していざ工事となるとそれなりの費用がかかりそうで、二の足を踏んでしまうのはとてもよく分かります。
ですが、雨漏りははやく手を打つほど結果的に施工費を抑えられることがほとんどだという事をご存知でしょうか。

ですから、日本住宅工事管理協会では、雨漏りかもしれないと少しでも疑念を抱いているのであれば、なるべく早くご相談されることをおすすめしています。

手遅れになってしまった事例

天井にカビが生えていて、なんとなく気にはなっていたものの、そのままにしていたAさん。
ある日、とうとう雨漏りが起こったとご相談が寄せられました。

当協会の会員業者をご紹介し、お宅へお伺ったところ……。

屋根裏を調べるとなんとカビだらけ。
しかも、躯体にも影響を及ぼしてしまっているようで、建物の耐久性も落ちてしまっている状態でした。

結果、修繕費用は大きく膨らんでしまいました。

Aさんによると「雨漏りしているかも、となんとなく気がついてはいたものの、今まで特に害はなかったので放置していた」とのことで「もっと早く相談すればよかった……」と肩を落とされているご様子でした。

私たちも、お問い合わせを頂かない限り手を差し伸べることが出来ませんから、こういったケースのときには非常に心苦しい思いがします。

見えないところでこんなことが起こっているかもしれません

上記の例のように、雨漏りとは「天井から雨がたれてきた」ときではないのです。
雨は住人も気が付かないうちに家の中に入り込んでしまっている可能性があります。そう、雨漏りはこの段階で始まっているのです。

雨漏りを起こすと、見えない部分で次のようなことが起こり始めます。

●梁や軒などの木造部分が腐食
●湿った木材の影響でシロアリが発生
●カビの胞子が室内に飛散する

次に、その影響を受けて

●家の寿命が短くなるだけではなく、最悪の場合は倒壊する
●カビの胞子によって家族に健康被害が出る
●室内の壁紙などにしみ込んで、壁紙が剥がれてしまう

上記のような被害が起こってしまう危険性があります。

天井から雨が落ちてくるときはこれらの症状がかなり進んでいるケースが多いため、Aさんのように修繕費が高くなってしまいます。
雨漏りの予兆を感じながらも、意外と放置してしまっている人が多いのですが、やはり早めの相談・診断・修繕が鉄則です。

だけど、すぐに決めるのは危険かもしれません!

とここまで、焦らすようなことばかりを言ってきました。

ですが(ここまで述べてきたことと矛盾はするのですが)、慌てすぎるのも禁物です。

悪質な訪問販売などの手口に多いのですが「このままでは大変危険ですよ!」と、とにかく契約や施工を急がせる業者があります。
ですが、ふたを開けると業者にとって都合のよい施工内容をすすめられていたり、雨漏りの根本を解決してくれていなかったり、通常よりもはるかに高い施工費用を請求されてしまったりという被害が出てます。

本来であれば、やはり見積もりは複数の業者から出してもらうべきです。
屋根は形状・材質・状態などの細かな要因によって価格が異なるため一般的な価格というのが分かりにくいのが特徴ですから、適正な価格を普通の方が知ることは難しいものです。
複数の見積もりを出してもらうことで、ある程度の相場観が見えてきますので、なるべく1社で決めるのではなくいくつかの業者に見てもらうようにしましょう。

とはいえ、屋根の状況がいよいよ悪い、という一刻を争うような状態ではそうもいっていられません。
そのためにも、やはり早めにご相談いただき、落ち着いて判断できるようにすることが大切ともいえるのです。

こんな時はご相談を!

急ぐべき雨漏りの修理。ですが、急ぎすぎてもいけない。となるといよいよ八方ふさがりですよね。

日本住宅工事管理協会では、雨漏りの予兆を感じたら、まずは当協会のような第三者機関に相談してアドバイスを仰ぐことをおすすめしています。
「こんなことで相談してもいいの?」と思われるような些細なことでも、大切な家を守るためですので、気負わず相談してみてください。
屋根の材質やお宅のエリアなどによって最適な業者が異なることもあるため、公平な立場からアドバイスや業者の紹介をしてもらうことで少しでも早く手を打つことが出来るためです。
※最適な業者について、詳しくはこちら→『屋根の修理・メンテナンスを行う業者のお話し

当協会でも、もちろんご相談を受け付けております。
日本住宅工事管理協会は1人でも多くの方に早期相談の重要性を知っていただき、取り返しがつかないような状況になる方を減らしたいという願いをもって活動しています。
そのためにも広く窓口を開いておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


» コラム一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 見積もりを依頼する
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの
  • 仕事を手伝って頂ける業者様を大募集