おろそかにしてはいけないルーフィング(防水シート)について

2015.02.15

ルーフィング雨漏りの進入から家を守る重要屋根材です

多くの方が雨から屋根を守っているのは屋根材(瓦・スレート材)と考えていますが、屋根材は雨が直接進入するのを防いでいるだけで家を雨から守っているのはルーフィング(防水シート)です。

屋根材の役割は外観を良くするのと直接雨を進入させないことです。直接雨を進入させないというのはどういうことでしょうか?
屋根材はいわば滑り台のように雨を流す役割しかなく完全に雨を進入することを防ぐことはできず、隙間などから雨の進入を許してしまいます。

このように進入してきた雨から家を守るのはルーフィングの役目です。
ちなみにルーフィング(防水シート)がないと進入してきた雨がコンパネに吸収されて蓄積されてしまいます。蓄積された雨がやがてはしずくとなって天井に雨漏りとして顔を出します。
つまり雨漏りは屋根材の劣化によって起こるのではなくルーフィング(防水シート)の劣化によって起こるものなのです。
※屋根材が劣化をすると雨が進入しやすくなってルーフィング(防水シート)の劣化が早くなります

さしずめルーフィングは雨から家を守る最後の砦といえます。
しかし、多くの施主様にとってルーフィングは気になる対象ではないということが当協会の相談事例からもわかります。
それどころか施工する業者にとってもルーフィング(防水シート)は大きな意味を持っておらず、仕入れを行うときも「できるだけ安いもの!」といったような発注を行っている状態です。

ルーフィング(防水シート)を適したものにすれば雨漏りを防ぐ確立を高くできるだけでなく、屋根の寿命が伸び、施工が簡単にできて費用を安くすることができるといいことずくしなのです。

お問い合わせ

ルーフィングの種類


参照:http://genbatyu.exblog.jp/11945170

ルーフィングは大きく2つに分かれています
① アスファルトルーフィング
② 改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)

一般的なルーフィングといわれるものは①のアスファルトルーフィングのことです。
名前の通り道路に敷くアスファルトと同じものを使っており、フェルト状の原紙にアスファルトをしみこませています。

アスファルトが防水の役割を果たし家に雨が侵入するのを防いでくれます。

近年使用が増えてきているのが②の改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)です。厳密に言えば改質アスファルトルーフィングとゴムアスルーフィングは別のものを示しますが細かく記載していくとややこしくなってくるので、ここでは同一のものとしてご紹介します。

改質アスファルトとはポリマーや天然アスファルトなどを加えることで対流動性・耐摩耗性・耐剥離性・付着性・たわみ追従性などの性能を向上させたアスファルトです。

結論からいうとアスファルトルーフィングよりも改質アスファルトルーフィングのほうが高性能です。
一番違いになって現れてくるのはルーフィング(防水シート)を敷いたときの設置時に使うタッカー留めに対してです。

ルーフィングは粘着層のあるタイプのものを除くと大きなホッチキスで野路板に止めていきます。
ホッチキスでとめていくので小さいながらもルーフィングに穴を開けていきます。
かなり小さな穴ですので基本的に問題はないといわれていますが雨水などの浸入が増えて劣化をしていくと、タッカー留めの穴から雨水などが浸入してくることがあります。

この進入を防ぐためのルーフィングの性能が対流動性・付着性・追従性です。
簡単に言うとまとわりつく力ですルーフィングを貫通したタッカーにまとわりつく力が通常のアスファルトよりも改質アスファルトのほうが強いため防水が起こりにくくなります。
また、改質アスファルトルーフィングには粘着性のタイプのルーフィングがあり、(ゴムアスルーフィング)このタイプのものを使えばタッカーすら使う必要なく固定することができます。

これらの点からアスファルトルーフィングよりも改質アスファルトルーフィングのほうが良いといわれています。
(費用は改質ルーフィングのほうが一般的には高いです)

ルーフィングは様々なメーカーから商品が出ていますがどのように商品を選べばいいのでしょうか?

ルーフィングの4つのポイント

ルーフィングを検討する際には次の3つのポイントで考えることが重要です

① 改質アスファルト
② 不織布
③ 粘着層
④ 保証

①改質アスファルト

改質アスファルトに関しては先ほどご説明したとおりです。
各メーカーの商品を見ていると改質アスファルトにも様々なタイプがあることがわかります。多くのメーカーは断面図で説明を行っていますがこの断面図は屋根材の専門家が見ても正直わからないような難しいないようです。
そのためとても一般の方が見ても内容はわからないと思います。

そのようななかで確認しておくべきなのは「厚さ」です。
「厚さ」が1mm以上のルーフィングのほうが防水性能は高くて、屋根を長い期間守ってくれます。

②不織布

不織布は紙ではなく布のような素材を使っているルーフィングのことです。
紙を使っているルーフィング比較的簡単に破けてしまいますが不織布のルーフィングはかなり破けにくく合っています。

今まで何度かあった例ですとカバー工法などを行ったすぐあとに雨漏りした方がおられて、原因がどうしてもわからなかったため屋根材をはがしたらルーフィングが破れていたことがありました。
おそらく施工時に破けたものをそのまま使用したのだと思われます。
ルーフィングは屋根材を設置すると見えなくなりますので隠されたらわからなくなってしまうためそもそも破れにくい不織布を使うのが良いでしょう。

③粘着層

粘着層を持っているルーフィングは先ほど説明したタッカー留めがそもそも必要ありません。
シールのよう張ることができ、カバー工法の場合だと屋根材に直接張ることができます。粘着層のあるタイプのものを使うことでカバー工法時にコンパネが必要ない場合もあります。

粘着層タイプのものは施工性を考えて夏用・冬用と決まっているものもあります。
メーカーに聞くとわかりますので質問してください。

④保証について

当協会にも良くあるのですが屋根材の保証年数を非常に気にする方がいます。
実はルーフィングにも保証年数があり屋根材よりも長いこともあれば短いこともあります。

仮に屋根材の保証が30年だったとしてルーフィングの保証が10年だとしたらそれぞれの選択は良いのでしょうか?
実際に屋根を守っているのは冒頭で説明したようにルーフィングです。
屋根材の保証年数にあったルーフィングを選ぶようにしましょう。

価格目安

ルーフィング材料の価格になります。
※工事費用は屋根全体の費用との兼ね合いがありルーフィング設置費用だけを明確にすることは困難なため記載しておりません

アスファルトルーフィング
約3,500円~5,200円 (21m×1m程度)
改質アスファルトルーフィング
約4,800円~9,700円 (20m×1m程度)

ルーフィング設置の際の注意点

ルーフィングの破れ・穴を見逃すな!

ルーフィングは設置してしまうと見ることができません。
そのため設置時に破けている・穴が空いている場所がないかを確認することが重要です。
ルーフィングに破損が見つかればすぐに工事をとめてその場所の修繕もしくは張替えを行ってもらってください。

小さな「穴」「破れ」と放置をしておくと、その場所から雨漏りが起こり大きな金額をかけて修繕を行う必要が出てしまいます。

信頼できる工事店だったとしても人が行う工事である以上ミスが起こる可能性はあります、小さなミスでも雨漏りにつながってしまう場所なのがルーフィングですのできちんと確認するようにしましょう。

比較的強い雨の場合は工事を中止しましょう

ルーフィングは防水シートといわれているように防水性能があります、そのため小雨程度の雨であれば工事を行っても良いと思いますが、どしゃぶりの中での工事はオススメできません。
雨の日に屋根に上るのは危険というのがありますが、コンパネがびしょびしょになっている状態での設置はコンパネが痛んでしまう可能性があります。

また、屋根工事の中でも一番重要といわれるルーフィング工事を悪条件のなかで行うのは、自社の都合に任せて、施主様の気持ちを考えていないのでは?とも考えられるのでやはり雨の中での施工はオススメできません。

ルーフィングメーカーの紹介

代表的なルーフィングメーカーは次の通りです。

① 田島ルーフィング、田島応用化工株式会社
メーカーHPはこちら

② 日新工業株式会社
メーカーHPはこちら

③ ガムスター株式会社
メーカーHPはこちら


日本住宅工事管理協会のご紹介

日本住宅工事管理協会は第三者の立場で屋根工事のサポートを行っています。
代表的なサポートとしては
① 屋根工事に関する相談・アドバイス
② 見積もりチェック
③ 施工会員紹介
日本住宅工事管理協会では、当協会の認定試験に合格した優良工事会社を「指定優良会員業者」として、施工会社無料紹介サービスを行っておりますので、お問い合わせ下さい。

» コラム一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの