本当に怖い雨漏りの放置により起こる現象

2014.10.15

雨漏りは家の寿命を短くするだけでなく、健康被害にもつながります!

雨漏りがもたらす家の三大惨事

① 木造部分が腐り、家の寿命(耐久力)を短くします
② 雨が湿っている場所はシロアリの餌食になります
③ カビが発生し、アレルギー感染症を引き起こします

お問い合わせ メール問い合わせ

雨漏りが引き起こす被害について

当協会にご相談をいただく方の中に雨漏りが起きてから数年間、しみが出来るだけで特に影響がないからという理由で今まで修理や修繕を行っていなかった方がおられました。

雨漏りの厄介なところは雨が降るたびに雨漏りを起こすのではないところにもあると思います。一度雨漏りが起こったとしても毎回雨漏りしなければ雨漏りしたときにたまたましみが出来ただけで大きな影響がないと考えてしまうのかもしれません。

しかし、それは大きな誤りといえます。

目に見える雨漏りの被害が出てきているということは家屋に対して何かしらの悪影響をすでにもたらしている可能性が非常に高いです。

屋根から雨漏りを行っている場合にしろ、壁から雨漏りをしている場合にしろ、雨が進入したからといってすぐに雨漏りになることはありません。多くの場合は天井裏などの隙間があり、許容範囲を超えた結果初めて雨漏りとして目に見えるようになるからです。

つまり、雨漏りの症状を確認することが出来たときには、すでに見えない状態で雨漏りしていて症状が隠せないくらいひどくなったということが多いです。
雨漏りがもたらす被害の中でも一番深刻な問題になるのは、木造部分の腐食です。

雨漏りして湿度が高くなった状態が長く続くと木造部分は腐食し始めます。
最初の軽度の腐食だったとしても、天井裏で太陽の光も届かないじめじめしっぱなしの時間が長時間そのままだと、腐食はどんどん進行していきます。

腐食が進んでいくと家の重要な部分の耐久力をえぐり取ってしまい、最悪倒壊などの原因になってしまいます。

このような状況にならないためにも雨漏りが起こった場合、まずは原因の調査、現状の家屋の状態を確かめることが必要となります。

雨漏りがもたらす家の被害は木造部分の不足だけではありません。
厄介な被害はまだまだあります、代表的なのがシロアリです。

雨などで湿気た木材はシロアリの大好物です。腐食とシロアリ被害が同時に進行すれば家の寿命はあっという間に短くなってしまいます。

雨漏りを放置すればするほどこれらの重大な原因につながる可能性が高くなります。多くの施主様が考えられるように雨漏りはすぐに家が壊れるような原因にはなりにくいですが、遅効性の毒のように徐々に家屋の耐久力を奪ってしまい、最終的には家を倒壊させてしまう原因になってしまいます。

雨漏りは家の問題だけでなく家族の健康も害します!

雨漏りを放置しておくことで家屋にもたらす被害はこれまでご説明してきたとおりです。ただ、雨漏りがもたらす被害は何も住宅だけに限ったことではありません。

雨漏りの結果、家族の健康に対して悪影響を及ぼすことが少なくありません。
その原因を作っているのがカビです。

多くの方がご存知のようにカビは湿度の高いところに発生し、カビの種類によってはアレルギー感染症の原因や人体に対して悪影響を引き起こします。

カビが引き起こす問題は他にも臭いの問題があります。
家がかび臭く感じた場合、雨漏りが原因でカビが発生している可能性があります。
表面上は何の問題もないように見えても、実は裏側はカビだらけということが多く、その原因が壁などから進入した雨漏りであることがあります。

雨漏りは見つけたらすぐに修理を行うべき!

雨漏りは今までご説明してきたように実に多くのトラブルを誘発します。
早く雨漏りを見つけることが出来ればその分、家への被害を抑えることが出来ます。
家のためにも出来るだけ早く工事をするのが望ましいのですが、実は早く工事をおこなうのがいいのは家のためだけではありません。

早く工事を行うことで工事費用を安くすることが出来ます。
雨漏りを放置して状況がひどくなっていると屋根だけの週では収まらず、大掛かりな家全体の修理に発展してしまうことがあります。

イメージしていただければお分かりになっていただけると思いますが腐食した部分を見つけてしまうと、そのままにしておくわけにはいきません。
必ず、何かしらの修理を施さないといけなく、その修理の規模が大きくなればなるほど修理にかかる費用はおのずと高くなってしまいます。

雨漏り工事の費用以外にかかる修理費用を抑えるためには出来るだけ早いタイミング修理を行うことが必要不可欠です。

この記事を読んでいただき少しでも心あたりがあった方は一度雨漏り工事を検討することをお勧めいたします。

雨漏り工事は誰が行ってもよいわけではない!

雨漏りの相談で一番多いのは再発トラブルです。
ご相談をいただく方の半分くらいの方は雨漏りが起きて業者に依頼をしたが1年も経たないうちに再発してしまいどうしたらよいかがわからない方です。

修理をしているのになぜ再発するのでしょうか?その理由は雨漏りが非常に原因の特定が難しいためです。
そのため、雨漏りの修理を行う業者は雨漏りに対してのエキスパートの業者に依頼を行うのが一番です。

ただし、この雨漏りのエキスパートに依頼を行うのが難しく、ほとんどの人にとっては度の業者が雨漏りに対して精通しているのかがわかりません。

日本住宅工事管理協会はそんなお客様の相談窓口として信頼できる雨漏り業者をご紹介させていただきます。
専門のスタッフが現在の状況を確認させていただき、その状況にもっとも適した業者をご紹介させていただくことで再発しない雨漏り工事をお約束いたします。

雨漏りを含む屋根工事は非常にわかりにくい点が多く、多くの施主様の頭を悩ましています。お気軽にご相談をいただければ第三者の立場で最適と思われるアドバイスをさせていただきます。

» コラム一覧に戻る

  • 屋根工事・業者選びに関するご質問はこちら
  • 屋根の専門担当が無料チェックいたします!
  • 熊本県で発生した地震について
  • 屋根に関するご相談はこちら
  • 屋根に関するご相談メールの方はこちら
  • お見積りのチェックをご希望の方はこちら
  • 屋根工事の相場
  • 屋根工事の相場
  • 日本住宅工事管理協会は何をしてくれるところなの